ご利用のブラウザは当サイトを正常にご利用いただけません。最新のブラウザにアップデートいただき、再度アクセスをお願いいたします。

さんまと小松菜のトマトソース・スパゲッティ

さんまと小松菜のトマトソース・スパゲッティ

カロリー
594kcal
塩分
2.4g
調理時間
約20分

※カロリー・塩分は1人分です。

クッキングサポート誌2019年10月号掲載

材料(2人分)

  • さんま
    1尾分
    (三枚おろし)
  • 小松菜
    2株
  • トマトソース
    大さじ4
  • スパゲッティ
    180g
    (1.6mm)
  • エキストラヴァージンオリーブ油
    大さじ2
  • 適量

作り方

  1. さんまは身の部分に2つまみの塩をふり、なじませておく。小松菜は根元の部分を除いて3~5cmに切る。

    さんまは身の部分に2つまみの塩をふり、なじませておく。小松菜は根元の部分を除いて3~5cmに切る。

  2. フッ素樹脂加工のフライパンにオリーブ油大さじ1を入れてから火にかけ、温まったらさんまの皮を下にして入れて皮面だけをしっかり焼く。さんまの皮がしっかり焼けたら火を止めて裏返し、身の部分に余熱を入れてからとり出す。【コツ1】

    フッ素樹脂加工のフライパンにオリーブ油大さじ1を入れてから火にかけ、温まったらさんまの皮を下にして入れて皮面だけをしっかり焼く。さんまの皮がしっかり焼けたら火を止めて裏返し、身の部分に余熱を入れてからとり出す。【コツ1】

  3. スパゲッティは塩を入れて沸騰させたお湯で、袋の表示時間より2分短く茹でる。ゆで汁はとっておく。

    スパゲッティは塩を入れて沸騰させたお湯で、袋の表示時間より2分短く茹でる。ゆで汁はとっておく。

  4. (2)のさんまを1cm幅に切って半量をフライパンに戻す。小松菜を入れて強火にし、小松菜に火が通ったら、(3)のゆで汁をお玉3杯分加えてひと煮立ちさせる。トマトソースを加えて再びひと煮立ちさせ、火を止める。

    (2)のさんまを1cm幅に切って半量をフライパンに戻す。小松菜を入れて強火にし、小松菜に火が通ったら、(3)のゆで汁をお玉3杯分加えてひと煮立ちさせる。トマトソースを加えて再びひと煮立ちさせ、火を止める。

  5. ゆで汁を軽く切った(3)のスパゲッティを加えて中火にかけ、和える。ゆで汁がなくなったら火を止め、オリーブ油大さじ1をかけて軽く混ぜる。器に盛り、残りのさんまをのせてオリーブ油適量(分量外)をかける。【コツ2】

    ゆで汁を軽く切った(3)のスパゲッティを加えて中火にかけ、和える。ゆで汁がなくなったら火を止め、オリーブ油大さじ1をかけて軽く混ぜる。器に盛り、残りのさんまをのせてオリーブ油適量(分量外)をかける。【コツ2】

ポイント
魚(さんま)を使ったパスタのキホン
①魚の旨味を引き出しながら臭みを取り除くために表面をパリッと焼きます。
②さんまのおいしさや栄養を含んだスープをスパゲッティに吸わせます。
③オリーブ油は最後にかけることで、さんまから出る脂とケンカせずに美味しく仕上げることができます。

【コツ1】最初さんまは裏返さずに、身の面まで火が入って白くなるまで焼きます。
【コツ2】スパゲッティに、スープをしっかり吸わせるように和えます。

コメント

もっとみる

「投稿」を押すとコメントが投稿されます。
投稿後の修正は行えませんので、ご確認の上ご投稿ください。
修正する場合は「キャンセル」を押して、ご修正ください。
投稿はスタッフにて内容を確認後にホームページに反映いたします。
*連続投稿は行えません。

close

コメント投稿ありがとうございました!

コメントを投稿できませんでした。
お手数ですが、再度お試しください。